『アルテリ八号』『顔』同時発売!!

8月 15th, 2019

『アルテリ八号』完成いたしました!

表紙は前回に引き続き小池アミイゴさん。
七号と八号の表紙は連作となっています。

執筆者は、石牟礼道子 ・渡辺京二 ・伊藤比呂美・坂口恭平 ・三砂ちづる
小池アミイゴ・齋藤陽道・跡上史郎・内田良介・関 敬・雪田倫代
磯 あけみ・浪床敬子 ・田尻久子

そして今回、別冊として渡辺京二さんが20代の頃に書いた小説『顔』を
同時刊行致しました。あわせて『アルテリ』には当時の話を中心に
ふたたび渡辺京二さんの二万字インタビューを掲載。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

アルテリ八号チラシ

 

顔 チラシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在のお取り扱い店舗は以下です。
在庫に関しましては各店舗にお問合せください。
(敬称略)
熊本  長崎書店・長崎次郎書店・カリガリ・汽水社
熊本  金龍堂まるぶん店・橙書店
福岡  ブックスキューブリック・本のあるところajiro・ナツメ書店
福岡  taramu books&cafe・とらきつね・MINOU BOOKS&CAFE
北九州 クエスト黒崎店・小倉店
大分  リベルテ
長崎  ひとやすみ書店・Book with Sofa Butterfly Effect
宮崎  NEIGHBORHOOD
鹿児島 古本屋ブックスパーチ
広島  ホリデイ書店
岡山  スロウな本屋
鳥取  汽水空港
愛媛  蛙軒
神戸  1003
京都  三月書房・ホホホ座・恵文社一乗寺店・カライモブックス
京都  レティシア書房・誠光社・CAVA BOOKS
大阪  blackbird books
愛知  正文館書店知立八ツ田店・ON READING
金沢  石引パブリック
福井  わおん書房
鎌倉  たらば書房
静岡  枇杷舎
長野  栞日
茨城  PEOPLE BOOKSTORE
東京  忘日舎・隣町珈琲
東京  千駄木往来堂書店・青山ブックセンター本店・title・
東京  本屋B&B・H.A.Bookstore・Readin’writin’
東京  maruzen&ジュンク堂書店 渋谷店
香川  本屋ルヌガンガ
福島  Go Go Round This world! Books&cafe

おしらせ

8月 7th, 2019

お盆期間中の営業日についてお知らせです。

12日(月)は、臨時休業
13日(火)は、定休日

とさせていただきます。
他は、通常通りの営業です。
お待ちいたしております。

 

une fete 10th exhibition

7月 31st, 2019

展示のお知らせです。

夏のおなじみ、une fete のアクセサリーの展示です。

期間は 7月28日(日) ~ 8月5日(月)
※8/5はworkshop開催となっております。

 

ちば 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈DMより〉
une fêteとは祝日のこと
スタートから10年を経て
いつもの何気ない毎日こそが
祝日なのだと気付きました

過去が今につながり 今が未来へと連れて行く

心はずむ日も そうでない日も
それぞれの今日が
祝福にあふれた日でありますように

 

ちば2 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新作もたくさん並んでいます。
どうぞお越しください。

ちば 3

 

 

 

 

ライブ「HOW TON はう・とん」 Howie Reeve × とんちピクルス

7月 21st, 2019

ライブのお知らせです。

「はう・とん HOW TON」

Howie Reeve さんと とんちピクルスさんがやってきます。
おなじみのとんちさんと、去年はじめて演奏してもらったハウイさん。
すっかりハウイファンになったお客さんも多かった前回のライブに引き続き、
2人で来て下さることになりました。

暑い夏のさなか、ビールでも飲みながら、
楽しい夜をお過ごしください。

8月8日(木) 18時半開場 19時開演
予約 2000円  当日 2500円
※別途1オーダーお願いします。

ご予約は TEL 096-355-1276
もしくはメールにて info@zakkacafe-orange.com

 
DSC_0730

 

 

 

 

 

 

◆Howie Reeve
スコットランド、グラスゴー出身。
多くのバンドで演奏した後、現在はアコースティックベースの
弾き語りというスタイルで各国を旅している。
パンク、前衛フォーク、フリージャズを素地に繰り広げられる彼の音楽は、
アンプラグド・パンクと呼ばれている。

◆とんちピクルス
福岡在住の松浦浩司によるソロユニット。
ウクレレの弾き語り、
自作のバックトラックにのせてラップなど奔放なスタイルで
人生のわび、さびを歌い上げる。