2019年11月

une fete  ユヌ フェット 展示会 「sense」

金曜日, 11月 29th, 2019

une fete 冬の展示会です。
「sense」

期間は 11月29日(金) から 12月8日(日)

いつもは期間中ずっと在廊ですが、
今回は、在廊日が限られていますので
お気をつけください。

在廊日 11/29から12/1  12/7・12/8

IMG_20191129_114449

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(DMより)

自分が今
どういう気分なのかを 感じること
観察すること そして
自分のためだけに 選ぶこと
小さな 毎日のこと

 

IMG_20191129_114559

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

在廊日にはお好みのアルファベット、星座や貴石を入れて、
オリジナルのコインペンダントトップのオーダーも承ります。

IMG_20191129_114507

 

「佐々木幹郎 詩の朗読とトークの夜」

水曜日, 11月 27th, 2019

イベントのお知らせです。

  「佐々木幹郎詩の朗読とトークの夜」 

         ―詩が音楽になるときー  於橙書店

 

日時 2019年12月16日(月)
夜6時半オープン 夜7時スタート
出演 佐々木幹郎
定員 30名(要予約)
tel 096-355-1276  mail info@zakkacafe-orange.com
料金 2000円(1ドリンク込)

 

新詩集『鏡の上を走りながら』(2019 思潮社)を中心に、
新英訳詩集『Sky Navigation Homeward(ふるさとへの天空航法)』
(2019、dedaluspress/アイルランド)などから、歌と音楽をめぐる詩を朗読。
詩のフォークソング版(小室等作曲、歌)、合唱曲版(西村朗作曲)も、
CDを聞いていただいて、紹介します。

◆佐々木幹郎(ささき・みきろう)
詩人。1947年奈良に生まれ大阪で育つ。同志社大学文学部哲学科中退。
ミシガン州立オークランド大学客員研究員、東京藝術大学大学院音楽研究
科音楽文芸非常勤講師を歴任。詩集に『蜂蜜採り』(書肆山田、第22回高見順賞)、
『明日』(思潮社、第20回萩原朔太郎賞)など。評論・エッセイ集に
『中原中也』(筑摩書房、第10回サントリー学芸賞)、『アジア海道紀行』
(みすず書房、第54回読売文学賞)、『東北を聴く―民謡の原点を訪ねて』
『中原中也──沈黙の音楽』(ともに岩波新書)など。 『新編中原中也全集』
全6巻(角川書店)責任編集委員。 最新刊に、共著『大正=歴史の踊り場
とは何か── 現代の起点を探る』(講談社選書メチエ)。

「まとまらない人と橙書店にて」

日曜日, 11月 10th, 2019

「まとまらない人と橙書店にて」  於 橙書店

  刊行記念トークイベント

坂口恭平+田尻久子

まとまらない人

 

 

 

 

 

 

 

 

新刊『まとまらない人』(リトルモア)を刊行する坂口恭平と、
新刊『橙書店にて』(晶文社)を刊行したばかりで、かつ坂口恭平
の全原稿を毎日読んでいる田尻久子による初めての対談です。
普段の坂口恭平の作家活動(それは日常生活でもあるのですが)
について話します。

 
日時 2019年11月25日(月)

夜6時半オープン夜7時スタート

出演 坂口恭平+田尻久子(橙書店店主)

定員 30名(要予約)
tel 096-355-1276  mail info@zakkacafe-orange.com

料金 2000円(1ドリンク込)

 

橙書店

 

『橙書店にて』刊行いたしました。

水曜日, 11月 6th, 2019

イベントと臨時休業のお知らせです。
イベントに参加のため
11月12日(火)は定休日
11月13日(水)は臨時休業とさせていただきます。

晶文社さんより新刊『橙書店にて』を刊行させて頂きました。
店に訪れる人たちのこと、書きました。
お読みいただければ、うれしく。
あわせまして、福岡のイベントに参加させていただきます。
詳細は以下の通りです。

 

刊行に合わせて、ブックオカのイベントに参加させていただきます。
「書店員ナイトin福岡 拡大版」

11月12日(火) 19時半より(開場19時)
場所 本のあるところajiro
料金 2000円(1ドリンク&軽食付き)
予約 ブックオカHP予約フォームからお願いします。
※申し訳ございませんが満席となりました。
共催 西南学院大学「〈ことばの力〉養成講座」
問合せ info@bookuoka.com tel 092-406-2036(事務局 忘羊社)

出版社の方や書店員さんとお話させていただくので、
本の話にご興味がある方、ぜひいらしてください。