読書の秋です。

10月 13th, 2014

台風通過中です。
しょうがないことですが、
あまりにも開店休業状態(昨日から)で、意気消沈しています。
事務仕事もうわの空なので、
気分転換に、本の紹介でも。

 

『女の一生』 伊藤比呂美 (岩波書店)

2014_1013_171537-R0012961

 

 

 

 

 

 

数々の彼女の著作で聴き続けたことばが、比呂美節が、
取捨選択され、整理整頓され、
何を訊いても「はい、これ」と差し出される。
一家に一冊常備して、
娘にも、主婦にも、働く女にも、読んで欲しい一冊です。
もちろん男性も読んで、
「ほう、女というのはこういう風に考えておるのか」と学習して頂きたい。
『MONKEY vol.4』 (スイッチ・パブリッシング)

2014_1013_174109-R0012964

 

 

 

 

 

 

 

毎回楽しみなモンキー最新号です。
いきおい全然衰えておらず、頭からさいごまで楽しいです。
村上春樹の「かえるくん、東京を救う」バンド・デシネ版は、
フランス本国より、一足先に掲載だそう。
でも、一番楽しみにしていたのは、ジャック・ロンドン「野生の呼び声」。
柴田さんの新訳で一挙掲載です。
ほかにも、池澤夏樹さんと柴田さんの対談あり、連載ものあり、
へたな単行本を1冊買うよりずっと充実している、といつも思います。
お買い得!

 

『雲の上に住む人』  関次廣・山内悠 (静山社)

2014_1013_171519-R0012960

 

 

 

 

 

写真家の山内悠さんが以前トークショーで語ってくださった、山小屋での日々。
写真とともに忘れられなくなりました。
その日々と、そこで四十年、富士山と登山者を見守り続ける山小屋の主・関さんの言葉を、
写真と一緒に山内さんが綴りました。
「山小屋は自然と人間の世界が交差するところ」そう語る関さん。
でも、山小屋にくるのは、自然に寄り添える人ばかりではありません。
わがままなひとや、無知なひと、山に迷惑をかけるひと、そんな人達もいます。
山へと向かう人たちが、関さんの言葉をかみしめて登ってくれればと思います。

 

『食べごしらえ おままごと』 石牟礼道子 (中央公論新社)
2014_1013_171600-R0012962

 

 

 

 

石牟礼さんの本を読んでいると、つい声がでる。
自分が住んでいるところは少し違うけど、とても似ている、
ここよりもう少し南の言葉を、口に出して喋ってみたくなる。
目で読んでいたのに、音になって耳に入ってきて、
目には文字ではなくて、
道子さんが食べごしらえの、そのことはじめにといだ米や、
盛られた刺身、団子にまかれたあざやかな茗荷の葉っぱが見えてくる。
耳には、赤子が死んだ日にひっそりと搗かれる餅の音、鼻には薬湯のかおり・・。
気付けば、器官を総動員して読んでいる。
もっと、たくさんの人に読んでほしいと、そう願います。

 

 

だらだらと書いているうち、台風一過。
晴れてきました。

2014_1013_173834-R0012963

 

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)