2014年7月

「かたりかたりかたり」 なみよみ(浪読)とろうきょく(浪曲)と与太ばなしの夜

金曜日, 7月 25th, 2014

イベントのお知らせです。
本の紹介もしたいなと思いつつ・・イベントのお知らせばかりですみません。

浪曲師と作家と研究者が、語って、騙って、かたりますー。
浪曲ははじめてという方も是非!

とにかくすさまじくほとばしる浪曲師玉川奈々福と、
とにかく多動な物書き姜信子(フランシス)に、
とにかく振り回される熊本文学隊番頭さん(シロー)もかたって、
三人で、語って、騙って、かたります~。
そうそう、朗読みたいだけど、朗読じゃないよ、
浪読だからね、念のため。
浪曲の三味線を弾く曲師は、澤村豊子。
人間国宝級の名手です。

 

演目
~真夏の夜に、ちょっと怖い~
浪読「あんじゅ、あんじゅ、さまよい安寿」
~文学の香気!下町の人情!世界的スケール!~
浪曲「金魚夢幻」(作・玉川奈々福)
出演  奈々福&フランシス&シロー  曲師 澤村豊子
日時  8月22日(金)  18:30開場  19:00開演
料金  2500円(1ドリンク付)
場所  橙書店
定員  30名 要予約です。

ご予約・お問い合わせは、096-355-1276(orange・橙書店)
メールでも受け付けております。

 

■玉川奈々福(たまがわ・ななふく)
浪曲師・曲師。1995年玉川福太郎に入門。
師の勧めにより2001年から浪曲師としても活動。
2004年「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回。
2005年「玉川福太郎の浪曲英雄列伝」全5回プロデュース。
2006年本橋成一監督作品『ナミィと唄えば』出演。
同年12月、芸名を美穂子から奈々福に改め名披露目興行を行う。
さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、
自作の新作浪曲も手掛け、
他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。
かに座のO型。賞罰、なし。

 

■姜信子(きょう・のぶこ)
作家。東京大学法学部卒業。
1986年に『ごく普通の在日韓国人』でノンフィクション朝日ジャーナル賞を受賞。
著書に『うたのおくりもの』(朝日新聞社)、『日韓音楽ノート』
『ノレ・ノスタルギーヤ』『ナミィ!八重山のおばあの歌物語』『イリオモテ』(いずれも岩波書店)、
『棄郷ノート』(作品社)、『安住しない私たちの文化 東アジア流浪』(晶文社)
『今日、私は出発する ハンセン病と結び合う旅・異郷0の生』(解放出版社)、
『はじまれ 犀の角問わず0語り』(港の人)
『旅する対話 ディアスポラ・戦争・再生』(春風社)など。
訳書に、1960年代の韓国軍政下におけるハンセン病隔離の島290・小鹿島(ソロクト)を舞台にした小説
『あな06たたちの天国』(李清俊著、みすず書房)がある。

 

■跡上史郎(あとがみ・しろう)
熊本文学隊番頭/日本近・現代文学研究
伊藤比呂美・澁澤龍彦・村上春樹等1980年代の文学を始めとして、
夏目漱石からジブリアニメまでなんでも扱うオールラウンダー

”Rhythm” une fete exhibition 

月曜日, 7月 7th, 2014

une fete  1年ぶりの展示会です。

輝く天然石、パールを使ったアクセサリー、
定番にしたい18Kシリーズ。
絵の具のような色彩のシルクリボンのアクセサリーや、
新商品のレザーブレスレットなどなど・・。
天然石を選んでピアスやブレスなどお好みでも作れます。

期間は、7月5日から13日まで。
梅雨まっさかりですが、
一足先に夏気分で、どうぞ晴れやかに。

http://www.unefete.jp