『残念な日々』

6月 9th, 2012

最近、本の紹介を全然していなかったと反省。
もともと無精なたちなので、そろそろ何かと思うと、
次のイベントが近づいていて、
イベントの紹介ばかり・・。

久しぶりに本です。

 

『残念な日々』 ディミトリ・フェルフルスト

書いたのは、ベルギーのオランダ語圏フランダース生まれの作家。
貧しく、下品で、そのことを誇りにしている
のんだくれの父とその一族と過ごした少年の、残念な日々の記憶。
作者の少年時代も同様だったらしい。
彼らの生活はほんとに残念。
とりあえず飲む、喧嘩する、テレビは差し押さえられる、
警察のやっかいになる、
酔っぱらって歌うのは「陰部の歌」・・。
でも、彼らはその全部を誇りとしている。
彼らの生活は最低で、そして、いとおしい。
ほんとにひどいね・・とつぶやきつつ読むのだけれど、
最後の頁を閉じたら、愛すべき家族だねとにやついてしまう。

フランダースの刑務所では、聖書の次にこの本がよく読まれているという。
作者は、そのことを誇りに思っているそうだ。

 

2 Responses to “『残念な日々』”

  1. 残念なのりこ Says:

    …残念にはなりたくないけれど…、読んでみたいのね。。
    通販できます・・・か?

  2. orange Says:

    あまいあまい。
    のりちゃんくらいじゃ、ちっとも残念じゃないよ。
    返品と一緒に送れるよ。

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)