2009年11月

本よみの友

月曜日, 11月 30th, 2009

福岡在住の刺繍作家”nui(ヌイ)”さんが、
先日、新しく作ったものを持ってきてくださいました。
ふきんやちっちゃい袋などなど・・あるのですが、
私の一番のおすすめは”本よみの友”。
本が大好きな人にしかつくれない、本を読むときのセットです。

入っているものは、
・ツバメの刺繍が入ったハンカチ
(青いサファイヤをくわえています。なぜだかわかりますか?)
・ツバメのノートとペン(大切な言葉を見つけたときのために)
・くるみが入った巾着、もちろん刺繍入り
(はらはらドキドキしたとき、くるみをギュッと握るんです)
・大切なものを見落とさないように、虫眼鏡
(なんと!虫眼鏡入れの内側にも刺繍)

木の刺繍が入った小さなバッグ、
仕上げにお気に入りの文庫本を一冊入れて、お出かけするのです。

nuiさんは、ひと針、ひと針、丁寧に心を込めて刺繍をします。
だから、出来上がるのもちょっとずつ。
こんなの出来たと、楽しそうに説明してくれました。

今日、”本よみの友”を買って下さったお客様が
「贈り物をもらったみたいな気分だから、
自分用のクリスマスプレゼントにする。」と仰いました。
買って頂いたのに、
なんだか私までサンタになったようで、得した気分です。

”本よみの友”

本よみの友

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4200円です。

”GIFT” une fete 2nd exhibition

火曜日, 11月 24th, 2009

”贈りもの”と題して
夏に引き続き、2度目の展示です。

アクセサリーをつくる彼女、”ちばちゃん”は
以前orangeで働いてくれていた元スタッフです。
辞めて東京へ旅立ってから随分と経ちますが、
夏や冬に”ただいまー”とorangeへ帰ってきてくれます。

そして、今年の夏からは
ひとつひとつ大切に作ったアクセサリーを携えて、
2Fの小部屋で展示をするようになりました。
そのこと自体が”贈りもの”だなあと思います。

『贈りもの』
見に来てくださいね
2009.12.05.sat - 12.13.sun
ちばちゃんのブログ
http://unefete.exblog.jp:80/

2ndDM_omote

2ndDM_ura

橙書店のこと

金曜日, 11月 20th, 2009

昨年の2月8日。
orangeの隣に橙書店という小さな本屋さんを開きました。

よくいらっしゃるお客さんはとうにご存知だと思いますが、
しばらくご無沙汰しているお客さんは、ご存知ない方も多いようです。
なにせ、面倒くさがりの私なので、
告知も十分出来ずに、突然オープンしてしまいました。
HPにすら、リニューアルするまで何も情報が載っていない始末。
本当に申し訳ありません。

開店したときに、ちょっとした挨拶状をつくりました。
こんな本屋でありたいという気持ちを込めて書きました。
渡せなかった方たちに宛てて、この場を借りて
再度、ご挨拶させていただきます。
 

 
開店のお知らせ

   小さな本屋をつくりました。
   
   たとえば、
   繊細な切子のグラス
   素朴であたたかな焼き物
   凛として美しい漆椀
   
   そういった ひとつひとつを選ぶとき
   大切に そっと 手に取ります。
   心を込めて作られたものですから。

   「一冊の本を選ぶときも、そうであってほしい。」
   そんな気持ちで、つくりました。

   言葉を紡ぐ人。
   絵を描く人。
   写真を撮る人。
   本の顔を作る人。
   それを一冊にまとめあげる人たち。

   一冊の本もきっと、心を込めて作られています。

   大切に売りたいので、たくさんは置いてありません。
   不便な本屋かもしれません。
   探している本は見つからないかもしれません。

   でも、旅先でふと出会う人や風景のように
   本と出会える本屋でありたいと思います。

   場所は「orange」の隣、名前は「橙書店」です。
   近くにお越しの際は、ふらりとお立ち寄りください。

                           主人敬白

一冊の本も売れなくて、
くじけそうになる日も多いですが、
そんな時は
これを書いたときの心持を忘れないようにせねばと思います。

 

<橙書店宛に届いたハガキたち>
裏にはいろんな言葉がひそんでいます。

R0010768

代打 小鉄くん

水曜日, 11月 18th, 2009

白玉、別に病気でもなんでもないのですが、
たまにはと、小鉄と一緒に出勤してみました。
でも、甘えん坊なので”膝で寝るー”とどこまでもつきまとうので
仕事がはかどらない・・・。
膝を貸してくれるお客さんもなかなか現れず、小鉄くん残念でした。
僕と遊んでー

R0010906